東大阪市の不動産会社、エクシアスが、より高く売れる仲介売却についてご説明します。

無料査定依頼・ご相談はこちら10:00~20:00(水曜定休日)
お急ぎの方はこちら 担当直通24時間対応

Surveyメール無料査定

高く売りたい方【仲介】

仲介売却
高く売りたい方へ
~仲介売却がおすすめです~

不動産の売却には、大きく分けて「仲介」と「買取」があり、それぞれの売却方法にはメリットとデメリットがあります。こちらでは東大阪市の不動産会社、エクシアスが仲介売却についてご説明します。

仲介がよいのか買取がよいのか、お客様の売却方針によって異なりますので、まずはお客様のご要望をお聞かせください。

こんなお悩みありませんか?

  • 出来るだけ
    高い価格で売却したい
  • 売却の際の
    契約手続きが不安
  • 売却までの期限がある

上記に一つでも当てはまる方は、エクシアスの仲介売却がおすすめです

仲介売却とは?

不動産の売却を考えたとき、時間は多少かかっても、少しでも高く売りたいと考える方は多いでしょう。そういったお客様には「仲介売却」をおすすめします。不動産会社に物件の売却を依頼して、一般市場で買い手を募集する方法です。

不動産会社が広く買い主を募り、購入希望者へ物件をご紹介して、売買契約を成立させます。相場通りの価格で売れる可能性が高くなりますが、購入希望者が見つかるまでに時間がかかることもあります。

仲介売却のメリット
納得できる価格で売却できる

仲介売却では、時間をかけて納得できる価格で売却活動を行うため、一般的に買取よりも高い価格で売却することが可能になります。売却までの時間的な猶予があり、できるだけ高く売りたい場合には、仲介を選ぶとよいでしょう。

ただし、「もっと高く売れるかも・・・」と購入希望者が現れるのを待ちすぎて、売却チャンスを逃してしまう恐れもあります。

幅広い販売活動を不動産会社が行ってくれる

家は個人で売却することも可能です。しかし希望する価格で買い手を見つけるのは困難なことでしょう。その点、不動産会社に依頼すればプロによる販売活動によって、買い手が見つかりやすくなります。

仲介を依頼した不動産会社は、売買契約が成立したときに成功報酬を得られます。したがって、様々な媒体への広告や、見学会の開催など、購入希望者を見つけるため積極的なアピール活動を行ってくれることでしょう。

買い主との交渉を不動産会社に任せられる

買い主が見つかったら、それで売却活動は終わりというわけではありません。最終的な金額や引き渡し日時、引き渡し方法など、買い主との交渉をはじめ、契約書類の作成や重要事項の説明、税金の支払い、ローンや登記の手続き・・・様々な専門知識が必要になるのです。

これらの交渉は素人にはわかりづらいもの。不動産会社に仲介を任せることによって、安心して交渉を進められます。困ったときにその都度、アドバイスをもらえる点もメリットです。

買取保証がある

不動産買取では売れ残る心配がなくスピーディーに売却できる一方で、市場価格よりは低い価格での売却となってしまいます。このデメリットを解消できるのが「買取保証」制度。エクシアスでは、ご希望される売り主様には買取保証の対応も行っています。

買取保証とは?

「住み替えたいけれど、今の住まいが売れるのか心配」
「引っ越し日が決まっているので、それまでに確実に売っておきたい」
「買取価格よりも高く売却したい」

不動産をできるだけ高く売りたいけれど、「万が一、売れなかったらどうしよう」と心配な方におすすめなのが、エクシアスの「買取保証」です。

一定期間の販売活動を行い、仲介で売却できた場合は、不動産買取よりも高めに売ることができます。そして設定した期日になっても売れなければ、あらかじめ設定した買取価格で買い取ってもらえるので、いつまでも現金化できないという心配もありません。

媒介契約とは?

不動産の売却を依頼する際には、不動産会社と媒介契約を結ぶ必要があります。不動産の売却活動をどのように行うのか、成約した場合の報酬金額をどうするのかといった内容を定めた契約書を取り交わし、仲介の際のトラブルを防ぐことが可能です。

媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。それぞれのメリット、デメリットを見きわめ、お客様の売却方針に合わせて選びましょう。

媒介契約の種類
専属専任媒介契約

特定の不動産会社が専任となって売却活動を行います。複数の不動産会社と契約することはできません。また、自分で買い主を見つけた場合にも売買契約を結ぶことはできず、不動産会社の仲介を通した売却となります。

REINS(レインズ)へは契約日から5日以内に登録する必要があり、販売状況については1週間に1回以上報告の義務があります。不動産会社に積極的な販売活動を行ってもらえる点がメリットです。

専任媒介契約

専属専任媒介契約と同じく、1社のみとの契約です。したがって他の業者の媒介によって契約した場合には、違約金を払わなければいけません。ただし、親せきや知人など、持ち主自らが買い主を見つけた場合には、不動産会社を通さずに売却することが可能です。

REINSへは契約日から7日以内に登録する必要があり、販売状況については2週間に1回以上報告の義務があります。

一般媒介契約

1社のみとの契約ではなく、複数の不動産会社と媒介契約することが可能です。ほかに契約している会社名を明らかにする「明示型」と、明らかにしない「非明示型」の契約があります。依頼主自身で買い主を見つけることも可能です。

メリットとしては、複数の業者と契約することで、販路を広げることにつながる点です。なお、REINSへの登録義務や、販売状況報告の頻度などの規定はありません。

不動産を高く売却したいときは不動産会社に依頼する「仲介売却」がおすすめです。当社ではお客様からお預かりした物件はスグに「REINS」等で公開しております。できるだけ多くの買い手に見ていただくことでより早く、より高く売却できるようにしております。高く不動産を売りたい方は当社にご相談ください。

Icon Phone0120-041-788 不動産売却の
無料査定はコチラ